木が与えるメリット

木造住宅をお勧めしているのは、見栄えだけでなく住む人の心と体にも良い影響を与えるからです。

感触

材質の表面が荒ければ温かく、滑らかであれば冷たく感じるように、木材を目的に合わせて加工することで雰囲気を大幅に変えることが出来ます。
ガラスや鉄、コンクリートより手触りが良いため、手摺りやおもちゃなど、良く触るものの素材に使われやすいのもそのためです。

温度

コンクリート等の他の材質と比べると、木材は急激な温度変化がないため、長い間立っていても足元が冷えにくい断熱性能に優れています。

湿度

木材は室内湿度の法制既往を持っているため、室内の湿度がほぼ均一になります。
そのため、夏は涼しく冬は暖かい快適な空間を生み出します。
湿度調整機能はカビの繁殖、バクテリアやウイルス増殖の抑制にも役立ちます。

反射

木材は紫外線を吸収し、反射しにくい性質の為、紫外線から肌や目を守ってくれます。

ショック吸収

木材はショックを吸収するため、お子様が飛び跳ねたり走り回ったりしても痛みが少なく疲れにくい素材です。

音響

木材は音を吸収しボリュームを調整してくれるため、音楽やあらゆる音を心地よい響きに変えてくれます。

香り

木材に含まれる香りの成分が消臭や殺菌効果を発揮します。