「家のことならおまかせ」をモットーに

木造住宅 新築 リフォーム

株式会社唐沢工務店は主に「京田辺市」及び「京都府南部」において“家のことならおまかせ”をモットーに市域の皆様方と共に歩んできました総合建設業者です。

山城地域を中心に木造注文住宅の家造を手掛けてまいりました。
木造在来工法の住宅から、健康で快適な住まいの住み心地を多くの方に知っていただきたいと願っております。
当社の家造のための理念・営業方針に基づき、「人にやさしい家造り」をめざし、地元の皆様と共に考え、最高の住宅を、ご提案させていただきます。
市域の皆様へ、小さな事からリフォーム、増改築もお手伝いさせて頂いております。
これからも地元の皆様との出会いを大事にしてまいります。
①お客様を第一に考え、喜びと感動を!
②お客様に喜んでいただくことが発展への礎である。
③お客様に心から「ありがとう」と言って頂ける様日々精進する。

「ありがとう」のキャッチボール

工務店という仕事をしていてよかったなぁと思うことがあります。
それは、お客様と「ありがとう」の言葉をキャッチボールできることです。ふつう何か物を買ったりした場合、お金を支払う側からは「ありがとう」の言葉をあまり発しないものですが、私共の仕事の場合、良くお客様から「きれいになってよかったわ。{ありがとう}うれしいわぁ」とか、「早くしてもらって助かったわ。{ありがとう}」と言った言葉を頂戴することが多いです。そんな時私共は「こちらこそ私共にお声をおかけいただいて本当にありがとうございます。」とお答えさせていただきます。特に、手摺りの取付け工事が終わった時や、生活に不便を感じておられたことが解消で北公次が終わった後には、必ずと言っていいほどこの言葉をかけていただきます。
私は、この「ありがとう」の言葉のキャッチボールが出来た時、本当にこの仕事に携わっていてよかったなぁと心から思います。
この2月の初めにかけて、私共の生まれ育った一休ケ丘のS様邸で外壁塗り替え等のリフレッシュ工事をさせていただきました。こちらのお宅は、18年前にも外壁の塗り替え工事をさせていただいております。今回2度目となる外壁の塗り替え工事を私共にお声がけいただき、このように長いおつきあいが出来る事に、「本当にありがとうございます」という気持ちでいっぱいです。
その工事中の事ですが、お客様でいらっしゃいます奥様から「困っている事があるの」との話になりました。お聞きしますと、階段の吹き抜けの天井に着いている照明器具の電球が切れてしまっているとの事でした。確かに一人では、とても無理なところに危惧がついております。そこで、塗装王子の職人さんと私共の2人がかり(一人が伸ばしたハシゴを支える状態)で何とか電球を交換することが出来ました。この時も奥様から「本当に助かったわ。ありがとう。」の言葉を頂戴致しました。この時改めて、ちょっとした事でやはり困っておられる方が結構いらっしゃるのだろうなぁと感じました。
もし、あなたやあなたの周りの方々にちょっとした事で困っているという事に気付かれた時には、遠慮なく、私にご連絡ください。
私にとって一番うれしいことは、仕事を頂くという事ではなく、そういう方々と「ありがとう」の言葉のキャッチボールが出来る事なのですから。

一本の手摺りへの思い

工務店という職業柄、みなさんは新築を建てたり、大きな工事をしていると思われるかもしれません。
もちろんそういう大きな工事があるに越したことはないのですが、今、私は介護保険を活用したリフォーム工事に力を入れております。出来れば、その分野に特化した工務店になりたいと思っております。こういう考え方にたどり着いたひとつのエピソードがあります。

それは、ある骨折されたお客様から狭いトイレの改装工事を頼まれたことでした。狭いスペースのトイレでしたので、お客様ご自身も現在の和式便器~洋式便器への変更は無理なのではないかと、考えておられました。
その時私は、何とかしてこのお客様の為に洋式便器を設置してあげたいという強い思いにかられました。色々検討を重ねた結果、部屋の対角線上に洋式便器を設置するという案にたどり着きました。
そうすることにより、トイレ内での立ち、座りのスペースを確保することが可能となりました。
病院から退院してこられたお客様がトイレをご覧になり、「これで安心してトイレを利用することが出来ます」とおっしゃっていただいた時の満足そうな笑顔が今でも、私の心の中に強く残っております。

住宅の介護保険改修で一番多いのが手摺りの取り付け工事です。
体が健全な状態では、1本の手摺りのありがたさには、なかなか気付くことはありません。
私は、これからも1本の手摺りを取付ける時、あのトイレ工事のお客様のお顔を思い浮かべて、取付けビス1つにも心をこめて工事をさせて頂こうと心に誓っております。

会社概要

会社名 株式会社唐沢工務店
代表者 代表取締役 唐沢秀則
創立 昭和40年10月
設立 平成2年2月
所在地 〒610-0341
京都府京田辺市薪里ノ内51番地
電話番号 0774-63-1478
FAX 0774-63-6357
事業内容 一般住宅新築工事/増改築工事
リフォーム工事計画立案及び設計施工
建設業許可番号 京都府知事 許可(般-18)第5940号
主要取引銀行 京都銀行-大住支店
京都中央信用金庫-田辺駅前支店
資本金 1,000万円

大きな地図で見る